1月4日 林周平

f0187084_1337962.jpg

f0187084_13373872.jpg



私の大切で、仲のいい友人、

ピアニスト 林周平 が他界しました。

34歳。

今月35歳になるはずの彼は、誰からも愛される、素敵な人。
ずっとクラシックピアノを弾いていた彼は、

『ひょっとして、決められた感じの道、メロディに反抗したのかもしれん』

とあるころからジャズに傾倒していた。



はーーーー。
なぜだ。
うちの父がいう、寿命だと。

寿命の’じゅ’は寿という字。
めでたいことなのか。
いや、調べてみると、違った。

天の定めた運命を成就する、天の定めた運命が終わりにきた。
ということらしい。
天ってどこや。勝手にきめんなや。


私の友人であり、彼女の恋人であり、林家の息子であり、一人の男。
彼との日常や思い出が心をしめつける。



これでもう、一生、友達、確定だ。
お通夜は明日、告別式は、明後日。

この気持ち、かれの 口癖を借りるなら、






むぅ。
[PR]

by ritsukovoice | 2011-01-06 12:57