2月も終わり

もう春の気配。陽射しはぽかぽか。
だけど、また明日は曇り、明後日は雨かも。

心の葛藤と言うけれど、まさに私はいまそれにぶち当たっている。内容は、誰でも起こることではないので、当てはまらない人の方が多いから、敢えてふせる。
いや、伏せてもいい内容だわ。

葛藤: 心の中に対立する欲求や感情が生まれ、そのいずれを選ぶの迷うこと

うん。まさにこれだ。
久しぶりに、決断に迷う。
久しぶりに、自分に向き合い、決めることになりそうだ。

もちろん周りを無視してできることではないから、他の人の感情や欲求をも考えないといけないけれど。

ただ、後ろ向きな事では無い内容だから、悲しみなどは伴わないのに、めちゃ迷う。

自分の中での情の紐が、もつれる。
ちゃんとその紐、1つずつ解いていけば、わかるよね。
もともともつれてないんだから、大丈夫だよね。
人生いつまでもこんな時はくるんだね。

さぁ、明るい未来になるように、決断しよう。
その時には迷いはない。

もう少しでわかるはず。
きっと。がんばれりつこ。
f0187084_00440368.jpeg


# by ritsukovoice | 2019-02-27 00:31

言葉の重み

歌の仕事をしていて、突如あること。

この前見ました!
すごくかっこよかったです〜って言われること。
今日もそうだった。自慢話ではなく。
自慢話の部類?(笑)

そのつどありがとうございます。って思う。
自分の中でその歌が本意でなくても、言葉にされると嬉しいこと。

でも、今日ふと、ちょっと慣れてるけどすごいことだなって思ったから、言われることを1つずつ記録しようかなぁと思った。


あと、毎回ありがとうございますって思って言うけれど、重みをもって、これからは心底言おうと思った、如月の夜。

f0187084_18174850.jpeg


# by ritsukovoice | 2019-02-13 18:14

いろんな夢


ある日、ダイアモンドのようにキラッキラに光る星が二つ 空に輝く夢をみた!最高の輝き。

珍しく、その次の日にまた夢を見た。

大きな工場の廃墟みたいなところの2階から、1階で極悪人が正義感強い誰かに殺されるところを見て、なんだかショックを受けた瞬間、風吹くカーテンの中から、歩くミーアキャットみたいな動物がパッと出てきて、私を見てニコッとした。顔はディズニーキャラクターのようにかわゆい。

その瞬間私の心は晴れて明るくなった途端、突然日本語を喋りだした。場面は昔の実家のキッチンに移り、うちのママとか家族とえらい楽しそうに、本当の家族のように話してるのを見て、よし!うちで飼おうってなった。

そのまま場面はまたその実家の裏のリビングへ移動。
ヒロがニコニコと床に転んでいて、テーブルには去年あの世へ旅立ったパパがニコニコして座ってる。

その日本語話すミーアキャットを呼ぼうとしたけど、なんて呼んでいいかわからず、名前決めなきゃってなって何にしようって言ったら、パパがニコニコしてこう言った『舘ひろしでええやんけ』

以上!笑



パパ出てきたね、またね。





# by ritsukovoice | 2018-07-23 23:17

いろんな気持ち




最近寒いなーって体が冷えてくると、手をさする。
そうすると、少し乾燥してるからハンドクリームを探す。
ハンドクリームは、たくさんの人からもらったりしてるので、実は、家中のいたるところにおいてある。
そんな不自由ない、いい生活をしているのに、時々とてもわがままになって、人に負担をかけたり、やなこと言ったりしてしまいます。

人間なんだから、心があるから、そうなんだけれど、毎度、そんな感情のあとに、いやな気分になるのはなぜ。

それで反省して、おそらく減ってはいるんだろうけど、やってしまったことをなんで毎回悔やむんだろう。

それは相手が大事な人だから?
でも親しくない人でも悔やむ時あるもんね。

うーん。。。。

って考えてると、やっぱり私は基本、真面目なハッピーな方がいいと、気付く訳で(笑)
だから、いつも前向きになろうとしてきた。

といゆこうで、いろんな気持ちに翻弄されすぎないように、しっかり自分を持って生きていこう!
いつも通り、人に感謝。以上!(笑)

何も脈略のないブログでした!
f0187084_20182912.jpg



# by ritsukovoice | 2018-02-05 20:18 | りつ子のofficial blog

2017年9月7日

パパが死んだ。
f0187084_02045876.jpg
色々あったパパ。
ダメなところもたくさんあって、家族も困らせて。
でもそれ以上に、優しくて、暖かくて、愛に溢れてた。
子供の頃は、毎週末遊びに連れってくれた。
車で迎えに来てくれて、送ってくれて、門限過ぎると超怒って。
物知りで、短気で、背が低めで。
いつも、私の味方だった。
ジャズドラマーだったパパは、たくさん音楽のことも教えてくれた。

夜中に眠れないなぁと思って、台所の方へなんとなく飲もうかと行くと、パパも起きてきて、寝れんって言うと、起きとったら、そのうち眠なるからおきとけ。
と、ずっと付き合ってくれた。
ぼーっと朝のテレビつけながら。
で、眠くなっておやすみーって言うと、おやすみ、って言ってくれて。

決断に迷ってると、ちゃんと考えてやれば大丈夫って。
律子は感受性が豊かや、とか。
友達が死んだ時も、一言、寿命だと。
寿命は、その人が人生を全うした時に来ると。
、、、パパは、全うできたってことなのかな。

さみしい。
ずっと、心の中にパパはいるけど。
死ぬ前は、身体もボロボロで。
手助けするのに、パパ、パパ、って何回呼んだことか。

もう、これで良かったのかな。
あれ以上辛い手術とか、しなくてもよいもんね。
ありがとう、パパ。
大好きな仲良し兄弟も作ってくれた。
ヒロにも会えて、パパに会わせること出来て良かった。

パパがいつも、ヒロ君はええ男やって言ってたの、嬉しかった。可愛がってくれて。
パパ、天国行ったらさ、好きなだけ囲碁して、ジャズドラム叩いて、エルビンと話して、セッションして、お酒飲んで、大好きな美味しいものたくさん食べてさ、好きなようにやってやーね。浮気はいかんからねー。
とにかくさ、ママは急に1人だからさ、
ママのこと、見守っててね。


# by ritsukovoice | 2017-09-25 01:52
line

Vocalist 清本りつ子 名古屋 ボーカル 数々のオリジナルバンド、ユニットでLive,Recordingと毎日はしゃいでおります。他にもCMソングとか私カラオケガイドなどで知らぬ間にの声を耳にしているかも!HP →http://ritsukovoice.net


by ritsukovoice
line